看護師を目指すには

看護師を目指すにはどうすればいいのかをご紹介しましょう。
実は看護師を目指す方法は1つのみではありません。法律においては、看護師と准看護師の資格があります。看護師を目指すには、一般的に高校を卒業した後、最低3年以上法律で決められている養成施設において勉強して、国家試験に受かる方法があります。国家試験を受験する資格を取得するためには、最低3年以上養成施設で勉強する必要があります。
一方、看護師を目指すには准看護師から進むこともできます。この場合には、学校が昼間の場合には2年間、学校が定時制の場合には3年間の勉強をすると、国家試験を受験する資格を取得することができます。なお、看護師の場合は、目指したいと考えれば年齢制限が無いため、看護師にいつでもなることができます。

准看護師になる主な方法は2つあります。1つ目の方法は、専門の養成施設に中学校を卒業した後に入って、学校が昼間の場合には3年間、学校が定時制の場合には4年間勉強をすると、准看護師の試験を受験することが可能です。2つ目の方法は、高校を卒業した後、学校が昼間の場合には2年間で准看護師の試験を受験することが可能になります。複数の都道府県において試験は受けることができるので、看護師の試験よりは受験しやすくなっています。
そのため、一般的に看護師を最短で目指すには、専門の養成施設に中学校を卒業した後に入って、准看護師資格を取って、それから看護師資格を取ることです。
本サイトでは、看護師の種類、看護師を目指す方法についてご紹介しています。

Copyright © 2014 看護師を目指すには All Rights Reserved.